調査後が大事

平常心が大事

このページを読んでいる方は、きっと何処かの探偵事務所への依頼を検討している方でしょう。

 

浮気調査をした、という事実が心の中にあると、「自分もこれから何かアクションを起こした方がいいのだろうか…」と思うことがあるかもしれません。

 

 

今回は、「浮気調査を依頼した後の生活」についての解説をします。

 

基本的には「いつも通り」でいること

 

これはおそらく探偵事務所のスタッフさんにも言われたことだと思いますが、原則としては「何もしない」、つまり「いつも通りの生活を送ること」が大事です。

 

こちらがパートナーに対して多少なりとも敏感になっているのと同じように、もしパートナーが浮気をしているのであれば、パートナーもこちらの動きに対して敏感に反応します。

 

普段と違うアクションを起こしてしまった場合、パートナーはそれをすぐに察知して「ちょっと警戒しよう…」という思いにさせてしまい、シッポがつかめない、つまり調査が全くの無駄に終わってしまうことにもつながります。

 

 

浮気調査成功の秘訣は、あくまで「事前に組んだスケジュールの通りに動く」ということです。

 

相手の行動を誘うような何らかのアクションを起こせば確かに局面は動くのかもしれませんが、探偵事務所に浮気調査を依頼している期間中に有効な策ではありません。

 

浮気調査を依頼した以上、何かボロを出させてやりたい、という思いを抱くのは至極当然のことです。

 

しかしそれは非常にリスキーであり、ほとんどの場合は成功せず、経済的にも精神的にもロスだけが残る結果に終わってしまいます。

 

あくまでいつも通り、平常心を心がけてください。

 

 

 

いつも通りでいるために

 

もし調査の日に自分一人で外出するような用事があるのなら、それは逆に好都合です。

 

浮気調査をしている、という意味で変調をきたしている自分を相手に見せることがなくなるためです。

 

 

しかしそうではなく、いつもの行動を心がけなくてはいけないような状況にあるのだとしたら、パートナーとの付き合いを一時的に「ビジネス」であると割り切り、いつも通りの業務をこなす気持ちで生活をするとうまくいきやすいです。

 

あまりに事務的な反応になると逆に怪しくなってしまうのですが、「感情をある程度抑制する」という意味では非常に良い効果を発揮します。

 

 

浮気調査をした以上、あなたが解放されるのは「真偽がはっきりとした時」です。

 

それまでは雌伏の時なのである、という事実は念頭に置いておきましょう。