探偵事務所が必要な理由

自己流もよいけれど

パートナーの浮気なんて、まず誰にとっても疑いたくはない可能性です。

 

しかし、どうしても浮気しているようにしか思えない言動があったり、それらしい行動をパートナーがしていたり、という場面に遭遇することはあるかもしれません。

 

そうなると浮気の疑惑を確定させるために行動を起こすことが必要になるのですが、ここでよく「必要だ」と言われるのが、浮気調査のための「探偵事務所」への相談です。

 

 

何故、「調査事務所」の存在が不可欠になるaのでしょうか?

 

 

 

■1人での調査には限界がある

 

浮気を疑って、自分でその証拠をつかみたい! と考える人も少なくない事でしょう。

 

事実、それでうまく証拠を見つけることが出来ることはあります。

 

しかし、1人で見つけることのできる証拠や推測などについては、どうしても限界が出てきてしまいます。

 

特に、浮気などに根拠を持つ「慰謝料請求」を考えている人にとっては、単独行動は厳禁だと言わざるを得ません。

 

 

まず、慰謝料を請求するにはそもそも、

 

・パートナーと浮気相手が「不貞行為」(肉体関係の構築)をしていることがほぼ必須
・かつ、それを立証する写真や映像、及び本人が確実に関係している証拠や第三者の証言が必要

 

という、かなり高いハードルが設定されているのです。

 

 

勿論、「浮気」を知ったところでどうするのかは皆さん次第となります。

 

厳しくとがめるだけに留める、とか、話し合いの場を持ちたい、などの方向に動く方も多い事でしょう。

 

しかし、浮気に対してハッキリと形をつけ、それに対する代償を求めるのであれば、どうあっても「計画的で綿密な行動」が要求されるのです。

 

 

 

■探偵事務所がしてくれること

 

浮気調査を担当してくれる探偵事務所に調査を依頼すると、

 

・浮気の証拠となる写真や映像、その他浮気にまつわるものを押さえてきてくれる

 

・第三者的な証言、及び証拠をまとめた文書や調停に有利となる書類を作成してくれる

 

・必要であれば慰謝料請求等のための弁護士を紹介してくれる

 

など、本質である調査以外のアフターケアを行ってくれるところも増えてきています。

 

従来の探偵事務所では調査のみを行い、それで得られた証拠等の扱いについては依頼者に任せる、というスタンスを採っているところも多かったのですが、それではそれ以降の行動がうまく立ち行かなくなります。

 

もらってきた証拠をすぐにパートナーへ見せて糾弾しても、ただトラブルを増やすばかりで結果的に丸損になってしまうケースが多いのです。

 

つかんだ証拠をいかに活用するか、どうすれば相手の断罪が正しく行われるのか、その辺りの行動パフォーマンスを最大限にする意味でも、探偵事務所への相談は必要と言えます。