理由

男女で違う理由

何故「浮気」は発生するのか。

 

人によって違うので厳密にくくることはできませんが、それでもいくつかのパターンは出てきます。

 

今回はそれらについて解説したうえで、浮気への対処を考える一助にしようと思います。

 

 

 

■男は「ヤりたい生き物」

 

パートナーが男性だった場合、浮気の原動力は「性欲」であることが非常に多いです。

 

ただ、これは単に「性欲がいつでも暴発する生き物である」ということを声高に主張したいというわけではありません。

 

 

男性によくありがちなのが、「結婚前は性と愛を非常に混同している」というところです。

 

「愛があれば性も愛に寄り添い、共に満たされるはずだ」という考えは、実は女性だけでなく男性にも非常に多い考え方。

 

そして、その考え方と現実が大きく違うのもまた、男性なのです。

 

 

結婚して暫くしてから性と愛が大きく離れていることに戸惑った男性は、その性をどこか別のところで満たそうとします。

 

それが浮気の原因となることが、非常に多いということなのです。

 

この動揺と戸惑いについては、時間が解決してくれることもあります。

 

それを踏まえた上で、どう対処するのかが重要となるでしょう。

 

 

 

■現実を見る女性たち

 

男性に比べると、女性は「性を満たそう」という欲求がそこまで強くない傾向にあります。

 

では、浮気の原動力は何になるかというと、「寂しさ」もしくは「現実面」です。

 

 

寂しさについては、想像しやすい事でしょう。

 

つまりは「愛情不足」であると女性のパートナーが感じ、「愛情を注いでくれる」別の人が表れてしまった場合は、そちらになびいてしまいがちなのです。

 

 

「現実面」というのは、例えばルックスだったり経済面だったり、そうしたリアルに顕現しているステータスが今のパートナーよりも上である人が現れた時に浮気しやすい、ということです。

 

ルックスでなびきやすいのは男声も一緒なのですが、「経済面」等生活基盤を考える上で必須なステータスを考慮するのは女性特有の面ともいえます。

 

 

そのため、愛情を今まで以上に注いだり、経済的な面が安定してくれば、浮気がおさまる可能性もあるわけです。

 

 

 

■理由を振り返った上での決断

 

上に理由を記した目的は、「こうした理由が多いのだ」というのを認識したうえで浮気に対処してほしかった、というところです。

 

改善の余地がある、まだやり直せる、そういった段階にあると判断したのであれば、やり直しに向けての行動をするのも良いでしょう。

 

もし改善の余地がなさそうであれば、その時は全力で告発する必要があります。

 

 

探偵事務所での浮気調査は断罪のために使われがちですが、実は疑惑を確定させ、そのうえでやり直すためにも使われます。

 

浮気への対処の方向性が決まった上で相談をすると成功しやすいので、もし方向性が決まったら、そしてその上で疑惑を確定させたいのであれば、探偵事務所への相談を考えるのが良いでしょう。